院長ブログ

子供の事故 異物誤飲

小さい子供が異物を飲み込む。

そんなことが毎日のように発生している。

子供の年齢によってものは違う。

夕方の時間に最も多い。

お母さんが夕食の準備のため

他の誰かが子供を見ているときです。

皆さんも注意しましょう!

 

 

 


夜間の咳き込み

毎日天気の移り変わりが大きい。

その為、咳や鼻水、のどの痛みを

訴える人が来院されます。

その中には、夜中咳き込んで眠れない

人もいます。

強い咳は風邪ではなく、気管支からくる

気管支炎の可能性があります。

咳の多い日は一度かかりつけ医に相談しましょう。

 


感染性胃腸炎

現在流行している病気が少ない。

しかし集団では、嘔吐や下痢を主な症状

の感染性胃腸炎が増加している。

皆さんの周りではどうでしょうか?

 

 


新年度スタート!

4月は新しい環境が始まる。

入学、就職と新たな生活へ。

慣れるまでは緊張が続く。

周りの人間関係が重要です。

みんなと仲良く、明るくいきましょう!

 


母子手帳で確認

かかりつけ医に受診するときには

保険証とお薬手帳さらに母子手帳を

持参してください。

そうすれば予防接種の受け忘れを

防げます。


喘息の季節

春先から梅雨時にかけて

喘息を持っている人は

注意しましょう!


子供の誤飲事故

まず初めに子供は何でも

口に入れる事を忘れない。

子供の周囲から卓球玉より小さいものを

排除する。

そして子供の行動をよく観察すること

誤飲を起こしそうなものは買わない。

みんなで子供の事故を防ぎましょう!

 


インフルエンザ終息へ?

先週ごろからインフルエンザの患者数が

減少しています。

最近では毎日1人か2人が続いています。

皆さんの周りはどんな状況でしょうか?

 


子供の発熱

今の時期は、子供が発熱すると

すぐにインフルエンザの検査を

するために来院されます。

しかしインフルエンザ検査は発症から

6時間以上経過していないと検査できません。

来院されるときには、症状をメモして

ください。

 


早めの花粉症対策

気温が上がり、風が強く吹いてくる。

スギ花粉が飛び始める合図です。

花粉症対策は始めていますか?

早めの対策をしましょう!

 


| 1/34PAGES | >>