院長ブログ

子供の生活習慣病

子供に起こる生活習慣病を知っていますか?

運動不足や食事の摂りすぎなどで起こります。

特に小児肥満は、将来生活習慣病を起こして

子供の健康を脅かします。

家族みんなで対策をしましょう!

 


予防接種の受け忘れ?

定期接種をきちんと受けていますか?

母子手帳を見て確認してください。

一歳までに受けておくべき、例えば

B型肝炎ワクチンの三回目は受けてますか。

一歳になったら早く受けてほしい

麻疹風疹ワクチンや水痘ワクチンはしっかり

受けてください。

もう一度母子手帳を見て確認してください。

 


気管支喘息

花粉症の季節が終わろうとしている。

今度は喘息の時期が始まる。

喘息を持っている人は要注意です。

 


ウイルス性胃腸炎

嘔吐や下痢を起こす

ウイルス性胃腸炎が多い。

嘔吐はきついため、青白い顔をして

動けなくなります。

周りへ感染します。

 


ヒノキ花粉症

花粉症が少し楽になった人は

いませんか?

それはスギ花粉がピークを過ぎたからです。

それに代わって、ヒノキが増えています。

もう少し辛抱が必要です。

 


感染性胃腸炎

甲子園の高校野球が始まると

病気が少なくなります。

またこの時期は、今まで受けていない

予防接種を受けに来る人が多い。

皆さんは、忘れていませんか?

 


辛い目や鼻の症状

花粉症の薬を飲んでも

目のかゆみや鼻のつまりが

残ることがあります。

その時は、点鼻薬や点眼薬を使用しましょう。

かかりつけ医に相談しましょう!

 


母子手帳を確認!

子供が大きくなると

母子手帳を開けることもほとんどなくなる。

うっかりすると予防接種の受け忘れがあるかもしれません。

今一度母子手帳を見て確認してください。

 


インフルエンザA型減少

地域差はあるでしょうが

1週から2週ぐらいインフルエンザがだいぶ

減ってきている。

発熱の人も減少している

更にインフルエンザテストでも陽性反応は

出ることが少なくなっています。

皆さんの周りではどうでしょうか?

 


インフルエンザ峠越える?

全国的にインフルエンザがピークを

超えた。

今後次第に患者数は減少するでしょう。

ただしまだB型が増加するか?


| 1/39PAGES | >>