院長ブログ

体温維持

人間の体温維持は重要です。

免疫力を保ち、体の機能を維持する。

頭や手足を保温する。

帽子手袋靴下を身に着けて、マフラーを

使い体温を保つ。

睡眠や栄養価の高い食事を接種する。

寒さに負けない身体を作りましょう。

 


紫外線対策をしましょう!

昼間の日差しが次第に強くなってきました。
帽子、サングラス、日傘、日焼け止めクリームを
使う。
紫外線を少なくする対策を忘れないように!


 

こどもの事故 抱っこひもより落下

抱っこひもの事故の例。
親が前かがみ」になり落下、ひもがゆるんだり、着脱したり
するときに隙間から落下。
抱っこひもの事故を防ぐために
ものを拾うときはひざを曲げ、腰を落とす
着脱は畳の上などで、低い位置で行う
子供の気道確保をこまめに確認する
購入前に販売店で試着し、使い方を知る
自治体や産科医が開く使い方講座に参加する 朝日新聞より

 

熱性けいれんの予防

熱性けいれんの予防投与。
ダイアップの座薬を使用します。
座薬の作用から眠気やふらふらがほとんどの子供に
起こります。そのため転倒する危険があります。
予防投与を行うときには、かかりつけ医に相談しましょう。

 

0〜5歳児 誤飲

0歳〜5歳児の誤飲事故は、約94%が家庭で
起きている。
誤飲するのはどんなものか?
紙(ティッシュ・新聞紙)、シール、シャボン玉液、医薬品
たばこ、ビー玉、ペットボトルのふた、ゴムボール、ミニカー(部品含む)
硬貨など。


 

認知症を予防しましょう!

国は、認知症対策を始めている。
介護と同じく、認知症も予防が重要です。
最近 軽い運動が予防に役立つと云われています。
日常生活の中に役立つ運動があります。
掃除、洗濯、整理整頓、拭き掃除などをすることで
認知症を予防しましょう!

 

インフルエンザ出席停止期間

今年もインフルエンザの流行が始まっています。
毎年インフルエンザに罹ると学校や幼稚園を休まねばならない。
学校保健安全法により、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日
(幼児にあっては3日)を経過するまでと変更されました。


インフルエンザワクチン予防接種 2回目受けましたか?

 インフルエンザワクチン予防接種の2回目は、おそくとも12月下旬までに終えることを勧めています。
まだの人は、できるだけ早く受けてください。
インフルエンザ予防の為、手洗いやうがいを励行してください!

成人用肺炎球菌ワクチン

 成人用の肺炎球菌ワクチンがあることを知っていますか?
目的は、成人の肺炎をおこす肺炎球菌に対する抵抗力をつけるためです。
特に65歳以上の高齢者が対象です。
徳島市は、現時点では全額個人負担になります。
自治体によっては補助があります。

子どもの事故 傷害速報 Injury Alert 抱っこ紐からの転落

 抱っこ紐からの転落による頭部外傷(外傷性くも膜下出血)
日本小児科学会雑誌 Vol.117,No.8,2013より
児を抱っこ紐に対面で固定している状態で低い台から物を出そうと少し前かがみになったときに抱っこ紐の右脇から児が滑るように頭部から落下した。
このように前かがみをしたときにできる子守紐と母親との隙間が原因と思われる。
お母さんは、抱っこ紐でこのような事故が起こることを知ることさらに前かがみをする際は、必ず片手を使い児を固定しましょう。


| 1/5PAGES | >>